本文へ移動

糸谷理論証明コンサルティング事例

糸谷理論証明コンサルティング事例

■岩手県S社(新規事業体制で年間100棟追加)

当社との出会いは建築業、不動産教室に個人で
1年間参加、その後6年後に異業種交流組合セミナー参加。その時既に盛岡市で某フランチャイズで年間120棟やっていた。
当社クリエイト特効薬システム導入し、今まで捨ててきた客をターゲットにして新規事業立ち上げ年間100棟を追加する。

■佐賀県S社(年間80棟)

当社との出会い時親子3人の不動産会社だった。
糸谷の教えにより不動産仲介業こそ建物を販売
建物メーカーとなり現在年間80棟を販売する。

■青森県K社(木造1坪20万円の家完成)

木造住宅のコストダウン合理化の元祖
もともと家具事業から建築業界に入る
店舗で建物は売れないかという相談を受け
コンサルティング契約をする。
アルバイトで店頭販売できる指導
商品開発とコストダウンを指導。
既にコストダウンの一部である工期短縮の研究をしていた。
1棟上棟から7日間で完成させ、1坪20万円の木造住宅を日本で初めて完成させた。

■新潟県I社(87件の告知で13棟契約)

事務職の女の子1人で87件のポスティングで13棟を契約した。
4年間売れなかった社有地を処理しつつ13棟を受注し利益を得た。

■山形県C社(年間250棟)

税理士の先生からの紹介で不動産鑑定士であるW会長と出会う
不動産業界に入りたいという相談で新規事業を提案した。
販売戦略として不動産賃貸仲介を強化したビジネスを展開
データベース営業と地主さんに対してのスクール運営ノウハウと
オリジナルの建物を開発し家主向けとアパート入居者向けに販売
販売員は不動産賃貸の女性陣がメイン、現在年間250棟

■岩手県Y社(Aさん2年半毎月4棟受注を継続)

もともとは注文会社の社員だった
注文は安定しない、だから規格建物にすべき
注文事業とは別に仮事務所をで営業兼店長とパート2人で
2年半毎月コンスタントに4棟を受注し続けた。

■秋田県H社(高校生が3棟新築を売る)

新卒2名を採用する。まだ2人は高校生だったが、販売ツールを企画し
ポスティングをした。その結果入社する前に新築を3棟販売するきっかけをつくった。
TOPへ戻る