本文へ移動

会員メッセージ

会員からのメッセージ~
=クリエイト総合研究所(株)との出会い=


 
■見込み客をつくる■    H社 T社長(愛知県)

見込み客をどう作るか?まずは広告、集客ツールの工夫からはじまります。
 
まず、クリエイトさんから学んだことは、事業主としての目標利益を設定することと事業計画をつくることでした。①年間の利益目標は?ー今の自分レベルで考えずに、ありえない数字を目標にしなさい! ②販売する主たる商品群は何? ③その利益を確保するための事業部は? ④商品開発は誰がやるの?⑤それぞれの日々の業務は?・・それらのこと考えながら夢中で事業計画をつくりました。
 
客は誰?この1年間追いかける客層は?具体的にどんな人?だったり、販売方法は?販売戦略論は?すぐ結果を出すなら?何がいいのか?などなど・・その中で見込み客はどうやって作るの?いよいよ営業戦略です。見込み客づくりが一番大切なことであり、それには種まきをしなければならないことを学びました。
 
まずはチラシとポスティングです。告知したツールによって電話が鳴りました。問い合わせです。今まで見込み客がいない私に初めての相談客がきたんです。まさしく新規の見込み客です。嬉しかったですね。経営者として見込み客をどう作るか?ストックするかがとても大事なことに気づきました。集客力の高いツールをつくる能力があれば、そのツールから発信する魅力的な商品情報があれば、そして告知する量が多ければ多いほど新規の見込み客は発生します。
 
1つチラシを作ったら、自分なりに解説文を書いて、お客様宛の手紙を入れました。するとそのチラシと手紙を持ってお客様が来店するんです。完成見学会にもなると、前日や、当日の朝にポスティングをしました。夜な夜な作ったオリジナルのチラシを知り合いの方に輪転機を借りてせっせ、せっせと作りポスティングをしました。
 
私は見込み客がいなくなるのが怖いのです。だから毎日種まきをしています。そうすることによって何かしらの相談客が発生しますし、そこから新築だったり、リフォームだったり、売買仲介だったり、何か仕事が発生します。
 
今振り返ってみると事業計画書を作ることはとても勉強になりました。もしこの事業計画書をつくらなかったなら多分会社をたたんでいたと思います。
 
クリエイトさんは小規模な会社ですが、殻を破るような方法論を語ってくれるので本当に感謝しています。クリエイトさんの話を聞くと、実績を出している会社が多いので、その仲間との情報交換もできますし、クリエイトさんは常に進化し挑戦し続ける会社です。
 
初めてのチラシは半ば強引に作らされ配布しましたが、あの時に出したチラシは間違っていなかった。こんなチラシ出して本当に反響が来るの?と疑っていましたが・・クリエイトさんを信じてよかった!その結果、300件を配った段階で問い合わせをいただきました。申し込みも頂きました。おかげ様で今は100人以上の相談客が会社に来ています。これもクリエイトさんのおかげです。
 

 

 
■これからも「人との出会い」「人への感謝」を忘れずに ■
              P社 A社長(宮城県)
 
それはたった1枚のFAXからはじまりました。 数多い決裁書類の中にその1枚は入っていたのです。「処分困難な土地を売ってあげます」と言うものでした。そんなことが簡単にできるのだろうかというのが最初の印象でした。しかし仙台の勉強会に参加すると 、熱のこもった糸谷所長の合理的な理論展開に魅かれ、より深く取り組んでいくことにしました。一期一会と申しますが、かくも人との出会いが人生や仕事の向上に影響を与えることを改めて認識させられたのです。おかげさまで出会いから3年たちまして、年間50数棟を受注できるまで成長できました。年収300万円未満の若年層が「アパート代で支払える家」をキャッチコピーに、顧客第一主義をモットーに、短期間に築いた高実績を基に、引き続き地域一番店の地位を維持していく決意です。
 
 

 
 
 
■商品内容が増え、ビジネスがますます楽しく■
               S社 T社長(岐阜県)
 
以前からフランチャイズの加盟店の説明会、ノウハウの説明会を聞きに行っていましたが、ある日名古屋でのクリエイトビジネスクリニックに参加したのがクリエイト総合研究所との出会いでした。
その時に出会ったある会社の施工方法などが、わが社の戸建賃貸住宅の施工方法とよく似ていたことから、糸谷所長の指導のもとで、「戸建賃貸住宅販売システム」が完成、コテージハウスの誕生となりました。
それからいろいろなクリエイト主催の勉強会に参加するうちに土地の購入方法、土地と建物の提案方法、営業方法、契約方法などいろいろ学ぶことができました。そして前向きな経営、誰もが考えるわけではないお客様層、市場を狙って今も仕事に邁進しています。
 
 

 
 
 
■「いい建物を安く」から脱却 土地からすべてが始まる■
                M社 N代表理事(宮城県)
 
1通のFAXが事務所に届きました。クリエイト総合研究所のビジネスクリニックの案内でした。当時、当組合では建売住宅の販売に苦戦していたので早速クリニックに参加。糸谷先生の講和を聞き、目からウロコの心境でクリエイト経営戦略研究会に入会することを決定しました。翌年2月に事業を立ち上げ「欲しい場所に」「欲しい家を」「欲しい価格で」の教え通り土地建物セット販売でスタートしました。初年度販売目標は30棟に設定し、順調に目標をクリアーし初年度は6棟上積みの36棟を達成しました。
私たちの「住まい」についての考え方は、クリエイトさんとの出会いにより大きく変わりました。住まい=住宅=建物という概念で長年やってきましたし、いい家を安く提供できればいいというスタンスから脱却できずにいたのが現実でした。しかし、人が生活するということは、土地という立地条件があってすべてはそこから始まる。そのことを勉強会を重ねていくうちに教わったと思います。今後とも本部による明快な道筋を期待してやみません。我々も日々勉強努力を怠ることなく、お互いの発展のために尽くしたいと思います。
 
 
 
                                                                 
TOPへ戻る